ページ内アンカーリンク
  • 日本三景ツアーのクチコミ

日本三景ツアーのクチコミ(全13件)

3件(1~3件表示)

  • {
  • 1
  • }

並び替え

松島ツアー (3件)

旅の満足度(オススメ度):3

添乗員付一泊二日で効率よく平泉・松島巡り

旅の満足度:5

投稿者さん(30代女性)【2019年08月 家族 首都圏発】

一泊二日で効率よく回るプランです。見た目はお寺を回る渋いプランですが、移動がし易く宿もアメニティーが整っていて、電車、バス、船と3歳児が一緒でも満喫出来ました。
宿は温泉でない面を判断材料にされる方もいるかも知れませんが、眺望は申し分ありません。

前半は平泉の平安文化を堪能。メインの中尊寺は広く登り坂なので、先ずは本堂、金堂を目指し、戻りながら各所を見てくると時間調整しやすいです。子どものペースに合わせて歩きました。
平泉から松島迄のバスは発着場もわかり易くとっても便利。プランで泊まった宿もとても大きくて、サービスに安心感がありました。疲れを取って2日目は松島観光。瑞巌寺を回って遊覧船の時間を待つ間に 静かな観瀾亭でまったり。入り口で飲み物を注文出来ます。抹茶がメインですが夏のサイダーのチョイスも良かったです。
仙台迄の電車本数が少し少ないので帰りの新幹線は余裕を持っておくと仙台で時間を使えて最後まで手荷物を増やさずゆっくりお土産を揃えられると思います。

  • ツアー行程5
  • 食事4
  • おトク度5
  • 添乗員3

【ご利用商品】

【WEBメイト】パーソナリップ東北春夏 【世界遺産】浄土平泉と松島・瑞巌寺をめぐるみちのく旅

おとなおひとり様あたりの旅行代金:

35,000円~50,000円

続きを見る

かなりテキトーな企画

旅の満足度:2

投稿者さん(50代男性)【2016年05月 家族 北海道発】

高齢の母が歩けるうちに北海道新幹線に乗ってもらおうと思い利用しました。仕事が忙しくじっくり調べる暇もないので、無難だろうと思いこのツアーを利用しました。問題点は、札幌駅と函館駅の発着しかないのでそれ以外の都市からは極めて不便。札幌駅はパーク&トレインがありません。私は岩見沢駅のパーク&トレインを利用し岩見沢~札幌を別途指定席特急を往復使用(そちらの方が札幌駅の駐車料金より安上がりでよほど便利でした)。青森市内のホテルはホテル青森だけしか設定されておらずこちらも不便。このホテル、夕食が摂れるレストランがないので、外食なのですが、青森駅から遠いので近くに飲食店街はありません。近くにいくつかありますが高齢者を連れて行くにはちょっと。観光・食事を考えると新青森からはレンタカーを借りた方が無難です。レンタカーは別途自分で、早割などで予約したほうが安いです。後で知ったのですが、JRで各主要駅発着で、ホテル無しのプランと複数のホテル(青森駅近傍もあり)を選べる企画が販売されているのでそっちにすれば良かったです。青森駅の近くに良さそうなホテルがいろいろありましたので、手間を惜しまず調べるべきでした。

  • ツアー行程2
  • 食事2
  • おトク度2

【ご利用商品】

北海道新幹線開業SP 青森岩手宮城への旅 [WEB]北海道新幹線開業スペシャル【札幌発着・往復JR】

おとなおひとり様あたりの旅行代金:

35,000円~50,000円

続きを見る

松島の駅に気をつけて

旅の満足度:3

ごんたパパさん(60代男性)【2013年06月 家族 首都圏発】

近ツリさんの旅程表には松島海岸着、松島海岸発となっていましたが帰りの切符は松島発でした。これは事前に気づかなかった私もミスですので仕方ないとして、松島海岸駅のJRは頑として乗せてくれませんでした。これから松島へ行かれる皆様は、仙石線の松島海岸と、東北本線の松島駅があることを充分承知してください。実際間違えて駅に来てしまった方がおられました。ちなみに私はこのことは承知していましたが、切符の間違いに気づいたのがおそかったのとJRが対応してくれると甘い考えを持ってしまいました。松島センチュリーホテルはあらゆる面ですばらしかったですよ。このツアーは時間もあるし最高でした。

  • ツアー行程0.5
  • 食事5
  • おトク度5

【ご利用商品】

【WEBメイト】パーソナリップ東北 早21 松島センチュリーホテル 和室(1室2~5名)

おとなおひとり様あたりの旅行代金:

30,000円~35,000円

続きを見る

すべてのクチコミを見る

天橋立ツアー (2件)

旅の満足度(オススメ度):3.5

のどぐろは美味しかったのですが・・・

旅の満足度:3

投稿者さん(30代女性)【2019年04月 恋人 関西発】

のどぐろ付きの夕食パックだったのですが、チェックアウト時にのどぐろ代金を別途請求され、認識にずれがありました。
ツアー内容のかかれた紙を見せてホテル側も納得していただいたのですが、こういう些細なことでトラブルになりかねないな、と思いました。

  • ツアー行程3
  • 食事3
  • おトク度4

【ご利用商品】

【WEB掲載専用】シンプルパック春の丹後 宮津温泉 ホテル丹後 なかむら荘

おとなおひとり様あたりの旅行代金:

20,000円~25,000円

続きを見る

添乗員付日本で47番目に有名な県、島根県。

旅の満足度:4

投稿者さん(20代女性)【2013年09月 友達 中部発】

今回の旅行は出雲大社に行ってみたくて予約しました。
旅行中は、パラパラとした雨や曇天が多かったのですが、立ち寄った「まがたまの里」の方に、「山陰は雨が多いので、これが通常です‼」と言い切られ、思わす笑ってしまいました。タイトルの「日本で47番目に有名な県、島根県。」も、その方が仰っられた言葉です。また、鷹の爪団の吉田くんがしまねsuper大使であることもあり、各所に自虐的な笑いがあって、道中面白くお土産ものを見ることができました。
観光地では、目的の出雲大社は予想以上に大きくて驚きました。今年は遷宮の年ということもあり、縁結び目的の若い女性が多く参拝に来ていました。他にも鳥取砂丘や水木しげるロード、小泉八雲記念館などを見学し、元々妖怪ものが好きな私にはとても楽しく拝見することができました。お宿も玉造温泉(美肌の湯)、三朝温泉(療養温泉)に泊まり、体もすっかり休めることができました。ガイドさん達も良い方々で、また山陰に遊びに行きたいです。
一つ、残念なことは時間が足りないこと(笑)もうちょっと見たい!ということが結構ありました。今度はもっとゆったりとした行程で行ってみたいなと思います。

  • ツアー行程4
  • 食事4.5
  • おトク度3
  • 添乗員5

【ご利用商品】

【WEBメイト】春夏 山陽・山陰・四国 新幹線で行く 玉造・三朝温泉と出雲大社・鳥取砂丘・天橋立

おとなおひとり様あたりの旅行代金:

50,000円~70,000円

続きを見る

すべてのクチコミを見る

安芸の宮島ツアー (8件)

旅の満足度(オススメ度):4.5

リーズナブルに宮島観光

旅の満足度:5

ちーさん(40代女性)【2018年09月 友達 中国・四国発】

殆ど新幹線代だけのお値段で朝食付きで一泊ホテルに泊まれるという感じでした。
のぞみで行ったので大阪から広島へ片道一時間半で行けて一泊でも充分満喫出来ました。
宮島行きのフェリー乗り場にホテルが近いので両日とも宮島に行き満ち潮と引き潮の両方の様子を見る事が出来ました。大満足です。

  • ツアー行程5
  • おトク度5

【ご利用商品】

【WEB限定】限定列車で行く!広島・宮島 宮島コーラルホテル

おとなおひとり様あたりの旅行代金:

20,000円~25,000円

続きを見る

自分達の都合に合わせて回れる!

旅の満足度:5

かおさん(40代女性)【2018年08月 家族 中部発】

娘二人と母と私の4人の女旅でした。
台風の影響があるかもしれないお天気だったので、午後参拝予定の厳島神社へは朝早くに行く事にして、天候の心配なく行けました。

とても暑かったので自分達の体調に合わせて休憩や、涼しい所へ観光したりとても盛りだくさんな旅行になりました。


小さいお子さんのいる家族にも向いていると思います。
ホテルの大浴場があったのは嬉しかったです。

  • ツアー行程5
  • 食事5
  • おトク度4

【ご利用商品】

【WEBメイト】山陽山陰四国(周遊の旅) ・姫路城と厳島神社 岡山・倉敷の街並みを巡る

おとなおひとり様あたりの旅行代金:

35,000円~50,000円

続きを見る

自由に行動したい人向きコースです。

旅の満足度:5

投稿者さん(50代女性)【2017年03月 夫婦 首都圏発】

フリーきっぷで巡る旅行は初めてでしたが、見たいところを好きな時間とることが出来て、時間にしばられることなく旅行出来たのがとっても良かったです。広島の原爆ドーム、原爆資料館は皆さんにも是非訪れて欲しいところだと思いました。ホント考えさせられる観光地です。広島焼きもサイコー!宮島、呉、岩国・錦帯橋も良かったです。岩国では地元ボランティアさんについてもらい充実した時間を過ごせました。

  • ツアー行程5
  • 食事4
  • おトク度5

【ご利用商品】

旅のおすすめ 中四国 定番 はじめての広島・宮島旅行 海軍都市・呉と岩国・錦帯橋も巡る

おとなおひとり様あたりの旅行代金:

35,000円~50,000円

続きを見る

すべてのクチコミを見る

3件(1~3件表示)

  • {
  • 1
  • }

ページの先頭へ